犯罪証明(警察証明、無犯罪証明)申請

弊所では、個人から日系多国籍企業の社員の方まで、幅広い層の方々のために米国での法律関係書類、裁判記録、及びその他証明書の取得を行っております。アメリカ国内での犯罪証明警察証明無犯罪証明ポリスレポートIdentity History Summary Checks等、犯罪記録の有無にかかわらずこのように呼ばれます。)が必要な場合に、当事務所で代理して請求します。

就職、ビザ、結婚、調査票のためにアメリカでの犯罪証明が必要な方は、指紋を採取し英文で請求書面を作成して請求しなければなりません。また日本の警察は、指紋採取後に採取票への書名を行わないためその対応も必要となり、さらに請求書類の受け取りもアメリカ国内の住所に限定される場合が多いなど、非常に手間、時間、コストがかかります。しかし、実際にそのような記録が必要とされる機会は多く、入手できれば入国時のトラブルを事前に回避し、安心してビザの申請や入国が出来る可能性が高くなります。

こうした書類が必要な際には、特急サービスも提供しているMtBookに、ぜひ一度ご相談ください。

必要な情報

  • ご本人様(複数の場合には全員、未成年の場合には法定代理人)のメールアドレス
  • 見積書、請求書、領収書等が必要な場合:宛名、必要な書類の種類・方法(PDFでのメール送信、原本での郵送、その両方等)

契約締結は原則オンラインで行います。

実際の業務開始には、署名捺印された契約書の受領入金の確認が必要です。ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

費用

1.通常申請(指紋票利用)

※通常都道府県警察本部におけるFBI指定の指紋票への指紋採取が必要となります。

  全米+2州 全米+1州 全米のみ/1州のみ
報酬 165,000円 137,500円 110,000円
経費 49,500円 38,500円 27,500円
合計 214,500円 176,000円 137,500円

2.デジタルでのオンライン申請

※デジタルで指紋を採取しFBIへオンラインで申請しますが、その際弊所指定の東京、渋谷にある採取ラボへお越しいただく必要があります。なお証明書はメールで送信されますので、原本が必要な方は1.通常申請をご利用下さい。ただし、該当州への請求は通常申請となります。

  全米+2州 全米+1州 1州のみ 全米のみ
報酬 137,500円 110,000円 82,500円 49,500円
経費※² 38,500円 27,500円 22,000円 11,000円
合計 176,000円 137,500円 104,500円 60,500円

※1:該当州が複数ある場合…2州目以降1州ごと27,500円

※2:ほとんどの場合この範囲内で収まりますが、実際かかった経費が記載額を超えた場合、超過分のお支払いが必要となります。予めご了承ください。

3.オプション

申請書類受領証のお知らせ取得

犯罪証明書提出予定先の要請に伴う犯罪証明取得が間に合いそうにない場合、米国州政府又はFBIからの申請書類受領のお知らせを入手し、事前に当該提出予定先に送信すると、期間の猶予を受けられることがあります。申請書類受領証は正式な書類ではなく、発行の可否は担当部署担当者の裁量に任されていますので、様式の指定ができず、また必ず入手できる保証もありません。入手できなかった場合でも返金は致しかねますが、予めご了承ください。

・特急サービス

当グループでは、世界中から日々多くの問い合わせや依頼を頂いております。対応の迅速さは競合社の中でも速い方であると自負しておりますが、通常依頼は受け付けた順番に従った対応となるため、時期的要因、他の事案の状況等に影響されます。結果の保証はできかねますが、特急サービスをご利用いただければ、対象案件は常に優先的に取り扱われるため、対応はかなりスピードアップします。入手の締め切りが明確な方は、必ず事前にご相談ください。

・本人限定受け取り

家族に知られたくない等の理由で、本人限定での受取を希望される場合には、事前にその旨をお知らせ下さい。通常のサービスよりも取得までの時間が多少長くなりますが予めご了承ください。また、本サービスは日本国内でお受け取りの場合のみご利用いただけます。

申請書類受領証のお知らせ取得 25,000円
特急サービス 50,000円
本人限定受け取り 25,000円

所要期間

通常申請:数週間~数か月程度

デジタル申請:数日~2週間程度

※類似の姓名が存在する、指紋が薄い、その他の理由で上記より長くなる可能性があります。

手続きの流れ

  • STEP.01お申込み
    契約書送付先の住所、郵便番号と電話番号、また本人限定受取を希望される方はその旨をお知らせください。
  • STEP.02契約締結
    当事務所から契約書をお送りしますので、署名捺印後当事務所へのご送付の上、対価をお振込みください。
  • STEP.03関係書類
    署名捺印済契約書と振込みの確認後、指紋票、委任状、宣誓書等(以下「関係書類」)を作成しお送りしますので、関係書類の署名と公証役場での公証、またはアメリカ大使館・領事館での領事による確認印取得(公証)の上、当グループの米国事務所へご送付ください
  • STEP.04申請
    関係書類に基づき、当事務所が代理人弁護士として該当政府機関へ申請いたします。
  • STEP.05証明発行/再提出
    該当政府機関により犯罪証明が当代理人弁護士に送付、または指紋票の再提出が要求されます。
    ※再提出の場合はSTEP.02からの繰り返しになります。
  • STEP.06取得
    スキャン画像送信の後、改めて原本をお送りいたします。

STEP.04~STEP.05に関して、早ければ10日~2週間ほどで犯罪証明が発行されます。ただし時期的要因や再提出が原因で前後することがございますので、予めご了承ください。

*申請時の留意事項*

 米国の犯罪証明の入手には、主として該当する州全米の2種類あります。最近米国において犯罪証明に関連する法律が公布・施行され、それらに伴い犯罪証明取得の手続きにも変更が加えられています。

ビザ取得目的の場合、通常該当州のみか全米かという指定はなく、該当州政府の犯罪証明だけで十分な場合もあるようです。ただし目的によって様々な条件がありますので、事前にご確認ください。確実な手続きのために、弊所では両方の取得をお勧めしております。なお、州によってはビザ目的での犯罪証明の発行は行わず、FBIが発行する全米の犯罪証明を利用するように求めているところもあります。該当する法律は頻繁に改定されますので、依頼を受けた場合にはまず最新の手続法を確認し、依頼案件の手続きが通常価格内で可能かお調べします。何らかの問題が発見された場合には、必ず業務を開始する前に取得に必要な期間、費用、手続きを相談させていただきますので、予めご了解ください。

犯罪証明は、基本的に通常指紋票の提出が必要になります。この指紋採取については全米でデジタル化が進んでおりますが、デジタルで請求の場合、証明書自体はメールで返信されますので、原本の入手はできません。デジタルでの証明書で十分な方は2.オンライン申請をご利用ください。スタンプ等が押された証明書の原本が必要な方は、1.通常申請をご利用ください。

指紋票の読み取りについては、FBI指定の標準的な指紋票をご持参の上、最寄りの都道府県警本部・警視庁で採取していただく形になります。この際慎重に作成しても、読み取れないと拒絶される場合があり、その場合は再提出となります。当事務所では、再提出を極力避けるために、指紋が明瞭になる紙を使用しております。統計上女性の方に多いようですが指紋の薄い方、職業上指先を酷使する方等の申請は、指紋の読み取りができずに拒否される事例が多く発生しておりますので、そのような方のためには採取された指紋ができるだけ明瞭になるような方法も説明いたします。

なお最初から複数の指紋票を作成し拒絶された場合には、追加料金なしでの再申請を承っております。さらに何度も拒否された場合には、担当者と交渉をして手作業での読み取りを行うよう依頼するなど、手厚いサポートをご提供しますので、安心してご利用ください。

*事前調査のご案内*

 犯罪証明はビザ目的でよく利用されます。ただし実際に取得したときに、間違った、あるいは正確でないことが事実として記載されていた場合、ビザ取得目的の利用には事前の対応が必要です。また間違って、あるいは何らかの納得できない理由で望ましくない記録がある場合には、記録を管轄する裁判所、または記録作成に関与した公官庁への調整、協議、依頼等が必要になります。いずれにせよ、記録の訂正が必要な状態で犯罪証明を取得しても、再取得が必要になる可能性があるとご理解ください。そのような懸念がある場合、犯罪証明を取得する前に調査を行うことができます。事前調査で問題が見つからなくとも、実際の犯罪証明書に好ましくない情報が含まれていることもありますが、かなりの確率でそのような事態を回避できます。            

  犯罪証明の事前調査は、通常比較的短期間ですぐに結果がでます。ただし、前出の説明のように何も出てこない可能性もあります。また調査結果は公の文書ではありませんので、ビザ目的に公の文書の提示を求められた際に、十分な証拠として扱ってもらえるかどうかは担当官の判断次第です。ビザ目的で公の文書が必要な場合には、別途「犯罪/無犯罪証明書」の取得が必要になります。これらの点をよくご理解の上、事前調査を行うかどうかご判断いただくようお願いいたします。

基本料金:82,500円

※ほとんどの調査はこの基本料金以内で終了しますが、特別な事情・状況においては追加料金が発生する可能性があります。予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

裁判記録請求