アメリカ合衆国政府は過去に逮捕、犯罪、オーバーステイ等の履歴のある方には、ビザ免除プログラム(ビザなし渡航、ESTA、ビザウェーバープログラム等とも呼ばれます。)の資格がないと説明しています。

しかし、ビザ免除プログラムの資格がないからといって、必ずしも米国への入国資格まで失うわけではありません。適切な準備の上でB1/B2ビザの申請をして許可を受ければ、一回につき最長6か月の滞在が可能な、最長10年間有効のビザを取得できる可能性は高くなります。

B1/B2ビザ申請に関してお悩みの際は、お気軽に当事務所までご相談ください。

👉お問い合わせへ