出入国

出入国

2020年2月2日に新型コロナウィルスに因る米国入国制限

2020年2月2日に新型コロナウィルスに因る米国入国制限が大統領令として発令されました。 内容は、米国国籍でない渡航者が、米国入国前14日以内に中国(香港特別行政区及びマカオ行政区は除外)に滞在した場合の入国が禁止されました。これに...
出入国

帰国居住者ビザ(returning resident visa)取得の難易度

一般的に永住権保持者が再入国許可証無しで国外に一年以上滞在した場合、又は、再入国許可証の有効期限が失効して一年以上国外に滞在した場合、米国への入国は却下され、(古いグリーンカードを返却した後に)新しく移住ビザの取得か、又は帰国居住者ビザ(r...
出入国

212(d)(3) 申請費用

 案件ごとに異なりますが、在日米国大使館への申請費用はかかりません。ビザの申請費用は通常の申請料金がかかります。当事務所への報酬は、250,000円から500,000円程度です。これらの費用は標準的な費用です。個々の案件ごとに異なる場合があ...
出入国

212(d)(3)免除は難しいのか?

 当グループ・ネットワークで212(d)(3)免除を成功した例はありますし、他の移民弁護士達も同様に成功していますが、特に領事が入国審査事務所(Admissibility Review Office=ARO)に対して同意する意見を付けない場...
出入国

領事が212(d)(3)免除を入国審査事務所(Admissibility Review Office=ARO)へ推薦しない場合どうなるか?

 領事が免除を推薦しないにもかかわらず、申請者が免除を求めている場合には、領事は案件をまとめて米国国務省ビザ事務所に意見として送付します。領事は、免除に反対する理由をつけて、免除には反対するとの意見を国務省に送付できます。非常に稀な事案とし...
出入国

悪意犯罪(Crime Involving Moral Turpitude=CIMT)の前科によりビザ申請を却下された場合の212(d)免除申請

特に期間をあける必要はなく、直ぐに再申請できます。規定された待機時間などありませんし、待ったからといって何か有利になるものでもありません。
出入国

強制送還後に入国許可または免除を得るための申請費用

当事務所への報酬335,000円 米国政府への申請料 58,500円、その他経費 空港で入国を拒否され日本にそのまま帰国しても、強制送還措置とは限らず、自発的退去とされている場合もありますので、必ず事前に専門家と相談して下さい。 これらの費...
出入国

「オーバーステイによる入国拒否」

 違法にアメリカ国内に滞在すると、移民法上様々な問題を引起しますが、その一つが一旦アメリカを出国し、再度アメリカに入国する際に、以前合法的滞在期間を超えて留まった事実(いわゆる「オーバーステイ」とか「アウトオブステイタス」と呼ばれます。)を...
出入国

悪意犯罪 (Crimes Involving Moral Turpitude)

 アメリカへの入国拒否理由の中に犯罪があります。過去に有罪判決を受けた、起訴猶予になった、逮捕された等の経験があれば、今後の入国にどのような影響があるか心配です。全ての犯罪が入国拒否理由に該当するのではありません。いろいろな基準があります。...
出入国

「規制薬物と入国拒否」

 日本でも最近は規制薬物問題が大学にまで広がっているニュースが報道されていますが、アメリカの移民法上規制薬物関係の犯罪に対しては厳しい措置が取られますので、現在及び将来にわたって渡航する機会を失わないように、充分に注意して下さい。   規制...
タイトルとURLをコピーしました